スタッフブログ

大久保 進一

趣味・時々

趣味というほどではありませんが、
休日や夜など気が向いたときに時々描く水彩画。
以前は色紙にアクリル絵の具で描いていたのですが、
下描き、色付け、重ね塗り・・
性格上そんな作業が合わないこともあり、
ここ何年も全く描いていませんでした。
ところが数ヶ月前にいただいた水彩色鉛筆なるものを使って
試しに描いてみたところ、これが面白い!

BL

BL2

種類にもよりますが、下描きから色付け完了まで
20分~40分程度で完成するため、
長時間作業や地道な作業が苦手な私にピッタリなのです。
色鉛筆で色を付けたら、上から水筆でなぞってみると
思いもよらぬボカシ具合や滲み方をして、
これがまたいいんですよね~

大久保 進一

息子の話

うちの三男(高校生)は小さい頃から空手を習い、
高校でもその道を進むと思っていたのですが、
訳あって弓道の道へ・・・
弓道とは、決められた距離から和弓を用いて矢を射り、
その立ち居振舞いの優美さや的中を競う武道。
要求されるのは屈強な肉体の力強さではなく、
礼儀作法といった、むしろ精神的な強さなのだそうで、
スポーツ万能な男性はもちろん、女性から年配者まで、
誰でも楽しむことが出来るようです。
しかも試合でのユニホームは袴。
日常で袴を着るシーンなんて滅多にありませんよね。
にしても、道具の高価なこと・・・

IMG_4747

こんな矢でも数万円するんです。
(自分で貯めたお金で購入したので文句はないですが。)
シャフトはジュラルミンやカーボン、羽の部分も鷹や白鳥など
組み合わせもさまざまだそうで、
奥が深いのだと言っていました。
武道というより武士道なのだと生意気なことを・・
ま、弓道部部長として頑張っているようですし、
県大会を控え燃えているようで何よりです。

大久保 進一

いつでも旨い

国民食「カレー」
そしてカレーといえばCoCo壱番屋・・・
その昔「カレー君」と言われるほど?カレー好きな私は
時々無性に行きたくなるわけで、
この日は「手仕込みささみカツ+ほうれん草」
ご飯の量はいつもの500グラムにしました。

IMG_4742

サクッとしたカツにはソースを少々。
やべ~~600グラムでも良かったな~
ということで完食。
今の気分は「キッチン南海」のカツカレーでしょうか。
あーーー食べたい。

大久保 進一

事故注意

会社からほど近い交差点。
角にはコンビニがあり、ほぼ毎朝のように立ち寄ります。
この日もいつも通りコンビニでタバコを買って外に出たその時、
ド~~~ン!と激しい音。
お?事故か?

IMG_3372

あ~~、やっぱり事故でした。
白い煙と大破したクルマ・・・
わ~~~、、こりゃ大変だ~~
と、店員さんたちと見ていたわけです。
いや~~怖いですね~~
当社も本日より仕事スタート、
事故には気を付けてまたまた頑張ります。
皆さんも気をつけましょうね!

大久保 進一

夏だラテンだ♪

近頃ラテンにハマっており毎日聴いています。
曲名もアーティスト名も全く知らないのですが、
ちょっと聴いてみたところ、とにかくイイ!
リズムも曲調も心地よく、どの曲も全部イイ!と思うわけです。
けど、そら耳がハンパない。

IMG_5120

ブタバラカッテ ココスワレ
サバカン コノヤロ
ヤベー コノバショデロ
ココドコ ソコドコ
マダコネーナ アノババ ブー
ドンナモンジャ コスタリカ
モッテコイ ココココ ナンボスル
ベーコン シオ ココカケロヤ
アジフライ イイイイ ステロ

でもカッコイイので、是非聴いてみてください。

大久保 進一

世界のZIPPO

ZIPPO・・・
世界中に愛用者がいて、国内でも人気のあるライター。
昔からのオイルライターとしての地位を不動にしているのがZIPPO。
ハリウッドスターや日本の芸能人の間でもZIPPOの愛用者が多く、
ビンテージ物になると大変高価な物もありますね。
写真のZIPPOは20年以上前に確か7,000円ぐらいで購入した物で、
「失くしては見つかり」を繰り返していた、昔々に愛用していライターです。

IMG_4746

先日家の片付けをしていたら
ホコリまみれになり変色した状態で発見されまして、
「家事えもん」の凄ワザでピカピカに磨き、
オイルを入れ石を交換し、またまた使い始めたわけです。
当時は革製のZIPPOやシルバーの物など
いろいろ持っていたのですが、みんなどこかへなくなってしまいました。
今度は大切に使い続けたいと思います。

大久保 進一

これ旨いですよ

ナガノテクノス岡谷ショールームでは
ご来店のお客様に
クッキーやクロワッサンを焼いてお出ししています。
といっても冷凍ですが・・・
おっさんの私でもできるわけでして、
小さい冷凍クッキーがでっかくなる姿を見るだけでも面白く、
クロワッサンも同様に見事に膨らんでくれます。
で、味もなかなかの美味、
お客様からもご好評をいただいております。
この日もお客様とのお約束時間よりも
1時間以上早く行って早速準備。

kw1

kw2

ご覧のように6個のクロワッサンがキレイに焼きあがりました。
が、
お客様は2つしか召し上がらず、
「遠慮しないで食べたらいいのに・・・」と思いつつ
残った4つは私がいただきましたとさ。

 

 

大久保 進一

ココイチ再び

またしてもCOCO壱へ行って来ました。
今回はスクランブルエッグとソーセージミックス。
ごはんの量は珍しく400gと少な目です。
いつ行っても裏切らない庶民の味。
でもナンヤカンヤで結構いいお値段になるんですよね~

IMG_4073

以前は1,200g以上を20分以内で完食したら無料!
なんてのをやっていて、
当時最年少は7歳、最高齢は75歳だったような・・・
私はそこまでして食べなくてもいいわけで、
やっぱりおいしくいただきたいわけです。
てか、カラダに悪過ぎ。
腹八分目では我慢できませんが、
程良くおいしくいただきましょう!

大久保 進一

昭和の・・・

くわえタバコの昭和チックな男と並んで写っている車は、
おっさんの私がまだ生まれる前に誕生したミゼット。
こいつはダイハツが1957年~1972年に製造していたという
三輪の軽トラックです。
1950年代初頭は特需景気の影響もあって
三輪の小型トラックが主流でしたが、
その流れは後に四輪トラックへと変わっていきました。

IMG_3903

そこで!
高価で手が届かないために、自転車や、オートバイを配送手段にしていた
小口配送の需要を満たすために三輪軽トラックの開発を進め、
「街のヘリコプター」というキャッチコピーの元、
誕生したのがミゼットだということです。
低価格、低維持費などの要素に付け加え、テレビCMなどが功を奏し、
ミゼットはベストセラーとなりましたとさ・・・
にしても、こんなにキレイな状態で現存しているのは
初めて見た気がします。
昭和の個性が光る車ですね~

大久保 進一

昔はおしゃれ・・だった

今は殆どネクタイなんて着用しないのですが、
以前は毎日ネクタイをしていた時期もありました。
タイピンやポケットチーフ、
カフスも集めたりして・・・
今では眠ったまま使うこともありません。
時にはそんな服装も。。とも思うものの
やっぱり楽な服装を選んでしまいます。

IMG_3771

先日片付けをしていた時に発掘したタイピン。
クリップのようにシンプルなお気に入りのネクタイピンでした。
俺にもおしゃれな時期があったんです・・・

 

 

大久保 進一

おすすめ「味噌ラーメン」

信州の旨味をプラスした札幌味噌ラーメン
松本市高宮にある「真武咲弥」しんぶさきや。
札幌の味噌ラーメンが売りのお店です。
味噌ラーメン大盛にチャーシュー増し、ナイスボリュームでした!
札幌味噌ラーメンといえば、
熱々でラードが浮いているイメージでしたが、
生姜があるせいか意外とさっぱり食べられます。

IMG_3946

北海道、東京を中心に展開中、
札幌味噌ラーメン第1位受賞の実力を誇るというお店の信州進出1号店。
自慢の炙り味噌スープは香ばしさとコクの深さが自慢。
北海道の赤味噌に信州の白味噌をブレンドし、
信州ならではのマイルドな味わいを楽しめる。
札幌の製麺所から空輸する中太玉子縮れ麺も絶品。
ということで、一部コピペでまとめてみました。

大久保 進一

大石家。。ラーメン

ラーメン以外のメニューがない大石家。
いつも注文は大盛りですが、
肉厚でトロけるチャーシューが3枚。
生肉だとかなりの量ではないかと思われます。
器からこぼれるほどのスープは、スッキリとした醤油味。

IMG_3819

まずはスープの色でソソられます。
色のアクセントにもなっているかまぼこも良し。
麺は中細ちぢれでスープによくからむし、
食感、喉ごしも良く、
麺、スープ、チャーシュー、ベストマッチなのです。
お~
また食べたくなってきましたよ~